FineStars

全ての道はつながる一本の道

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今年の夏は読書だ!と思い立ち、しかも詩人ってかっこいいじゃん~
と谷川俊太郎の『二十億光年の孤独』と
中原中也の『汚れつちまつた悲しみに』
を読んでポエムでもしたためようかと
詩集を購入したのが2週間前だった。

これからはミュージカルだ!劇団四季だ!
と『四季の会』に入会してミュージカルのチケの手配なんかを
していたのは3週間前だった。

あたしの運命がいとも簡単に7月24日の土曜日から
動き始めることになるなんて
2週間前のあたしも、3週間前のあたしもまだ知らなかったし。
予想なんてできてなかったのでございます。
同じ会社のパートさんの娘さんがあるアーティストが好きで
最近一緒にDVD見ているうちに
自分も好きになってしまったと告白されて
もともと名前は知ってたし、曲を聴いたこともあったんですが。
どちらかといえば低音好きなあたしには
全体的なメロディーラインの音程が高くて
入り込めなかった印象が強くて…。

それでもやっぱり興味があったので
遠慮がちに「もしよかったら貸してください」と我侭言って。
そしてそのDVDを受け取りながら
毎日見ているDVDなのに長く借りていては申し訳ない
一日で返そうと心に決めていました。

本当に軽く見てお返しするつもりで…。
軽く…軽く…鑑賞を…


って!!!!


むふふふっ

そうです、これが運命の出会いだったのです


一度に書き切れないほど感情が波立って。
一度に書いてしまうのが勿体無いくらいに気持ちが
揺さぶられて大変だった土曜日~日曜にかけてのお話は
また明日聞いてくださいませw


今日はもうおやすみなさいです。
夢に彼が出てきてくれますように



スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://finerain.blog40.fc2.com/tb.php/601-f0fdb881

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。