FineStars

全ての道はつながる一本の道

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
どんなに時が経っても、あの日を忘れることはできません。
今更ながらレポの続き~行ってみよー♪

彼の「今日は私の日本でのファーストコンサートです、ぁ~雨の中で来ていただいてありがとございます」
って助詞がすこし間違ってるのがあたしのテンションをますます押し上げるのですよ!
日本語の後に通訳さんが入ってくるんですが。
まずすぐに
「それでは座ってくださいね」
と観客を座らせます。
良いタイミングで通訳してもらえたので、もどかしさや距離感もなくて
通訳さんの声がばっちりアナウンス声なんでそっちの方にびっくりです。
「ダンサブルで活動的な曲で始まったコンサートですが。
このコンサートは穏やかなコンサートの予定です」
と通訳さんの後
「いいですか?」
とニコニコ笑顔な彼なのです。
誰がその笑顔に反対できるというのでしょう??
kangtaの問いかけに答えるように沸く会場w
そして「ありがとうございます」と日本語で答えるkangta
ステージと観客が徐々に馴染んできているのを感じます。

kangtaが私達に聞いて欲しいと思う曲を選んでくれたこのコンサート
そしてそのコンセプトは『ロマンティック』なのです!
(ごめん、勝手に言い切り系です…。)
「やさしくて穏やかでそしてロマンティックな時間になればと思いますので
みなさん楽しんでください♪」
と…kangtaが『ロマンティックな』という単語を口にする時
照れ隠しするためにふふっと噴出す様子がほんと可愛いんだって!!!

衣装変えの為ステージをハケるkangta

kangtaの初めての日本コンサートへのお祝いのメッセージが
スクリーンに映し出されます。
みぬ&へそん、東方神起、SJと・・・。
えっと~~~えっと~
ああぁぁすみません、kangtaの魅力に脳みそ沸騰してて記憶が!!!
残っていないのであります、すみませぬ。

kangtaが再びステージに現れます、しかも黒のタキシードでっ!!!
えっ??今からわたし達に向かってタキシードで歌ってくれるってことは
それってプロポーズってこと?なんじゃ???
きゃぁ~~ロマンティックぅ~~
って、んな訳はないのですが。ほんとそう思いたかったって(爆)

燕尾の部分がパッツリ切り取られたようなデザインですが。
ベストの位置もすっきりしていて
(ベストの位置は大切です、妙な時多いですからっ)
上着とベストの襟から裾にかけての重なったラインが絶妙で
ノーネタイだけど白いシャツは切り返しとボタン位置が変わっていて
これがとてもあたし好みで素敵でした。
歌う時、そっと胸に手を置くとまるで、永遠の愛を誓ってくれているかのようです
(あぁほんと頭沸いてるよな…俺)

fskangta.gif

ピアノの前奏から入る『イビョルフエヌン(別れの後には)』をゆっくりと歌い上げます。
ゆったりとした穏やかな空気が、kangtaの伸びやかでやさしい声に共鳴し
揺れているのを肌で感じます、彼の声を肌で感じ取っているような
そんな錯覚に陥って素敵な歌声に酔っていましたが。
「すみません、逆です逆」とペンライトの揺らす方向を直す声を二度ほど聞いて
現実に引き戻されてしまいました(笑)。

ペンミの時にもこの曲で
「皆さんは、今日がいいですか?明日がいいですか?」
と聞いて
今日の日が特別だからみんな「今日」っていうの分っていて
その反応を見てるのに「わたしは明日がいいです。」
と自分の選んだ『明日』を優しく微笑みながら歌ったkangtaでしたが。
今回は私達の気持ちを汲んで『今日』と歌いあげてくれました・・・。
それがとても嬉しくて、心に残っています。

次は『Thanks God』です。
「日本の人はこの曲が好きと聞きました~」と
kangtaはいつも言うんだけど、リクエストが多かったってことなのかな?
確かにこの曲好きですwこの曲のMVもすごく好きwww
でも日本人が好きな曲という認識に多少の違和感を感じる
あたくしなのでありました。

JAZZを歌うきっかけになった曲をといって
『I love you for sentimental reason』を歌い始めます。
『I love you』のところを一部『愛してる』に変えて歌ってくれたんだけど
これまた自分から歌ったのにも関わらず照ちゃって笑みがこぼれてますから~。
も~可愛いんだから。
そして『Dream a Little dream』
と続いてゆきます。
「Oh クデルル(あぁ!君を)」
では左手でごそごそと、パンツからはみ出たシャツを押し込んでいて
思わず視線がそこに集中しちゃうのですよ。
ジャジーな雰囲気の中にあっても、そんなちょっとした彼の仕種を見つけてしまうと
一気に気持ちが昂ぶってしまいます。
素のkangtaに触れたようなそんな気がして…。
途中でダンサーさんが黒い傘をもって登場、なぜに傘??
しかも骨多っ、クルクルと回していらっしゃいました。
和傘でこんな風に踊るのあるよね???なんかうずうず模様の傘でさ~
なに?日本を意識したってこと?
ってそこまで深読みするのもどうかと思いつつ。

大好きな『Happy Happy』に突入です。
本当は立ち上がって曲にあわせ、心を全開放して、楽しみたかったのですが。
今までの曲の流れもあって着席したまま、kangtaのマイクの振りにあわせて
一緒に歌います♪
この曲はすごく盛り上がれるので一緒に歌うにはぴったりで。
会場とステージがより近くなったような気がしました。

こんなにも人を純粋に楽しませてくれる彼の音楽を、
心に直接届くその声で
歌い上げるロマンティックな黒のタキシードkangta!!

魅了されて、もう逃れられません、このまま死んでもいい!
とそう思えるくらい素敵な時間だったのです。

まだまだ語り尽くせてなくて。
終わりそうもなので。

続きます(宣言)
スポンサーサイト

みあちゃん、こんばんは♪

レポの続き、待ってました!
読めば読むほどに、いい時間だったんだなぁ~と。。。
自然とにっこりしてしまう。
なんていうか、こう、両手を広げて差し出されたような、
こころがこっちに向かって開いてるような、
そんなあったかい感じが滲み出てる気がします。
でもうっとりさせといて、ほんとにそんな事言っちゃうんだ(笑)
「すいません、逆です逆」って(爆)
ウマすぎるww

『今日』と『明日』のどっち?ってやつは、
けっこう定番ですか?w
韓国ソロコンの動画でもそういうの観た気がする。
んで、Kangtaくんが「シロッ!」て言って
ネイル(かな?)~って歌ってた(笑)
イジられるのもうれしいよね、きっと。
でもちゃんと『今日』って歌ってくれたんだね。
特別バージョンだ♪

みんなの空気をひとつにしてしまうのが
ほんとに上手なんだね、Kangtaくん。

読みながら、そして書きながら
なぜかじ~んときてるまちゃこ(笑)
みあちゃんレポ完結したら、泣くんじゃなかろうか(爆)

みあちゃんの黒傘へのつっこみ&深読みに爆笑しつつ。。。
続きを楽しみにしてましゅ。


2007.11.03 03:12 URL | まちゃこ #- [ 編集 ]

ごめん待たせちゃったね
まちゃこのコメ読んで、続き書かなきゃ!って思ったんだ。
行きたくても行けなかった人がいて
番組を見て映像でkangtaの歌を聴けたとしても。
あの日の、そのまんまは伝わらないんだろうなと思ったら
それがなんだか悔しくてさ。
素敵すぎたあのコンサートを100%伝える方法はないのか!!!って

個人的なレポで、感じたままに書いてるだけだから
伝わる物も伝わってない気もしますが(爆)
マイペースで頑張るので期待しないで読んでもらえたらいいな♪

ってか泣くなぁぁ、泣くんじゃない!

にまにまと笑ってもらえたら・・・。
「ほんま、こいつ何考えとんねん~」
って突っ込んでもらえればそれだけで嬉しいのだよん

2007.11.03 03:58 URL | みあ #nDH/2Tt. [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://finerain.blog40.fc2.com/tb.php/537-eb970e4e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。