FineStars

全ての道はつながる一本の道

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
少しだけ深い描写が入ってきてます。
気に入らないという方は引き返してくださいませぇ~。
深いの書いちゃうと制限かけなきゃいけないよね?
それも面倒なので基本、乙女路線で書いてるんだけど。
そろそろね~~濃ゆいのも書きたいのだ!(実は)
むふふっ

【Truth】その②
「行こう」
と手を引かれて店を出る。公園を横切り、先に進んでゆくと微かに潮の香りがしてきた。
風は少し強くなって、彼の青いマフラーを時折揺らす。
そしてそれは丁度あたしの視界を遮ってくる。
彼はそれに気が付いてマフラーを解き、そっとあたしに巻きつけた。
ふんわりと彼の匂いのするマフラーは暖かく、あたしはとても幸せな気持ちになる。
嬉しくて仕方が無い、繋いでる手をブンブンと振ると、彼も楽しそうに声をあげて笑った。
あたしの意識は全部彼に持っていかれてる。
耳元で声を聞き、クルクルと変わる表情を見ているだけで、
あたしの容量はオーバーしちゃうんだ。
だって他のデータが処理出来ない、完全にフリーズしてるみたいなんだもん。
靴の中に砂が入ってくるまで、いつの間にか浜辺に出ていたのにも気づかなくて。
急に波音が聞こえて来て驚く。
彼はあたしに掛かっているマフラーをゆっくりと外し、それを砂の上に敷いた。
「寒いけど、冬じゃないと見られない海もいいよ」
といって、あたしを後ろから軽々と抱きかかえ、自分の足の間に座らせる。
「でも・・・。海の色は深くて、濃くて。波音も夏より激しく聞こえて・・・。」
「・・・そして?」
「怖いと思う」
「そう怖いんだ」
と面白そうに返す彼の声が身体を伝わって響いてきて心地いい。
「圧倒的に敵わないものに対して感じる怖さと似てるのかもしれない。だって絶対勝てないもん」
「海に勝負を挑むの?」
「直接対決じゃないよ、感覚的に・・・ね」
彼は可笑しくて仕方ないというように微笑み、口元に手を持ってゆく。
あたしの大好きな彼の癖。

彼に好きと伝えられないその理由に、ふと気づく。
圧倒的に強いものは勝つ。
けれど恋愛だけは例外、想いの大きくて強い方が負け・・・な気がする。
あたしは彼に敵わない
だから怖くて好きって伝えられないんだ。

「ほんと、変な事考えるよな」
「そう?」
「うん、そういう所も好きだけど」
と彼はあたしの肩に顎を乗せて、頬を寄せてくる。
寒さを一気に感じなくなって『今なんていったの?好きって??言った?』
とそればかりが気になってしまう。
カラ回りしている行き場の無い気持ちと、
胸の鼓動が激しく打ち寄せてあたしを飲み込んでしまいそうだ。
「寒いけどくっついてたら、暖かくなるよ」
とカンタは言うけど、その声も近すぎて頷くことしかできない。
「聞こえてる?」
急に黙り込んだあたしを心配しているんだね。
何か言わなければと、彼の方へ顔を少し傾けたけど、視線を合わせることはできなくて。
「なに?」
と返した自分の声があまりに硬くて気持ちが悪くなる。
その様子に驚いたのか彼はあたしの肩から顎を外し、両肩を強く掴んで立ち上がった。
そして正面に回って、目の前に座り込む。
逃げられない・・・。ただそう思った。

あたしの顎に手をかけ少し持ち上げてキスをする。
初めてのキス。
彼のくちびるは冷たくて、そしてとても優しい。
寒さでかじかんだあたしのくちびるもその優しくてやわらかな動きに少しづつ開いてくる。
触れ合ったところが熱くて、苦しいから、
少しだけ余裕が欲しくて腕に力を入れ彼の胸を押し戻そうとしてみる。
彼は易々とあたしの手首を掴んで引き込むから、
あたしの身体は彼の胸にすっぽりとはまり込み
抵抗した事を後悔するはめになる。

もう身動きもできない。

~続く~


もしかして良いところで切っちゃったかなぁ(確信犯ですw)
もうしばらくお付き合いくださいませ。

スポンサーサイト

気になる~、むっちゃ気になるよ~
しかも今回はちょっと濃ゆいんだよね?
楽しみだよ~~(何を期待しているのだ?)
でもこのままどうにかなっちゃうなんてことは
ないよね?だって海みたいだし・・・。

早く続きお願いしまする。

2007.01.02 23:41 URL | ひっち #- [ 編集 ]

反応が無いのでUP停止してました。
相変わらずS寄りな俺www
濃ゆいといってもキス止まりだから
安心してね(もしかしてがっかりかな?)
海は良いよ~~
そんなとこでなんかしたら砂まみれで
逆に恋もさめちゃいそうやん♪

あまり期待せずに覗いてくれればうれしいなぁ

2007.01.03 13:11 URL | みあ #O.sqP4Bs [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://finerain.blog40.fc2.com/tb.php/323-f762959d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。